af logo

イエスタデイ

「これは、ビートルズへのラブレターだ」―ダニー・ボイル監督
突然のありえない設定から始まり、誰もが笑顔で映画館を後にできる本作は、『ノッティングヒルの恋人』や『ラブ・アクチュアリー』など、コミカルで心温まる多数の名作を生み出してきた製作会社ワーキング・タイトルの真骨頂。主人公の驚き、戸惑いや葛藤、そして喜びがビートルズの珠玉の名曲とともに語られていく。
物語の中で奏でられるビートルズの楽曲の数々は、音楽、夢、友情、愛情―人生すべてのシーンを彩り、登場人物同様に私たちもまるで初めて耳にするかのような至福の音楽体験ができる、それが「イエスタデイ」だ。

監督:ダニー・ボイル(『トレインスポッティング』(96)、『スラムドッグ$ミリオネア』(08)、『127時間』(10)、ほか)
脚本:リチャード・カーティス(『フォー・ウェディング』(94)、『ラブ・アクチュアリー』(03)、『ノッティングヒルの恋人』(99)、ほか
製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、マット・ウィルキンソン、バーニー・ベルロー、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル/製作総指揮:ニック・エンジェル、リー・ブレイザー
出演:ヒメーシュ・パテル(「イーストエンダーズ」)、リリー・ジェームズ(『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』)、ケイト・マッキノン(『ゴーストバスターズ』)、エド・シーラン(本人役) 

配給宣伝:東宝東和 ©Universal Pictures
■公式サイト:https://yesterdaymovie.jp
■公式Twitter:https://twitter.com/YesterdayJP (#映画イエスタデイ)
■公式Facebook:https://www.facebook.com/YesterdayJP


SOUNDS GOOD 01:54
favorite

さよなら、退屈なレオニー

カナダの新たな輝く才能が贈る、 胸にそっと仕舞っておきたくなる青春映画の傑作が誕生―。   2018年カナダでスマッシュヒットを記録した『さよなら、退屈なレオニー』は、自分がやりたいことも自分の居場所もみつからない、カナダの小さな街に住む17歳の少女レオニーの物語。監督はカナダの新鋭、セバス...
SOUNDS GOOD 01:40
favorite

国家が破産する日

『タクシー運転手 約束は海を越えて』『1987、ある闘いの真実』『工作 黒金星と呼ばれた男』に続く、実話を基にした衝撃の問題作! 経済が右肩上がりの成長を遂げ、好景気が続くと国民の大多数が信じて疑わなかった1997年、韓国銀行の通貨政策チーム長ハン・シヒョンは通貨危機を予測。しかし、彼女の報...
SOUNDS GOOD 04:14
favorite

前野健太 × UNDERCOVER PRODUCTION「夏が洗い流したらまた」MV

1990年の設立以来、日本のストリートファッションと世界のモードシーンに多大な影響を与え続けるUNDERCOVER( アンダーカバー)のデザイナー高橋盾が率いる「UNDERCOVER PRODUCTION」は、前野健太のニューアルバム「サクラ」からシングルカットされた「夏が洗い流したらまた」...
BACK