af logo

ザ 1969 バッグ

パコ ラバンヌのアイコニックバッグである1969は、その象徴的なデザインと職人によるテクニックで現在と過去を結んでいます。金属製トローチをシームレスな表面で組み立てたハンドメイドのバッグは、パコ ラバンヌの代表的な表現であり、50年前に表現されたアバ ンギャルドであり、現在では時代を超越したものでもあります。

コンセプトは、フランスの肉屋で歴史的に身につけられていた、鋼鉄のエプロンに遡ります。マルセル デュシャンによる既製品という概念のもと、パコ ラバンヌはこのうろこ状ディスクのシートを、コンパクトなバッグとして再考しました。ハンドルストラップには、 トイレを流すために設置されていたチェーンを適応させたのです。そしてバッグは、創造的な声明として成立しました。伝統的なサヴォアフェアの方法を再定義し、ブランドの実験的 なファッション素材の使用を具体化したのです。また、ロゴがどこにも表記されていないにも関わらず、バッグはブランドのアイコンとして認識され、誰もが憧れるアイテムとなりました。そしてそれは、フランソワ ハーディやブリジット バルドーが日常で使用していたことが要因でもあります。

1969バッグでリニューアルされたオリジナルのデザインは、一つの重要な変化を特徴としています。以前は、重い鉄鋼を用い、銀と淡い金の光沢のある仕上げを施していましたが、より軽いアルミニウムへ移行しています。また、アセンブリは引き続き、一つ一つ手作業で 行なっています。ブランドのシグニチャー製品として、このリ エディションはジュリアン ドッセーナによるランウェイコレクションで発表され、また年間を通し各店舗で販売さ れています。登場から 50 年を経た今も、このバッグは独特の馴染みある音と感触を放っているのです。誰かにとってそれは、傑出したアクセサリーとして考えられています。また誰かにとっては、ジュエリーを兼ねるバッグ。そして展示に値するデザインアートの一部です。

1969バッグは、パリ 12 rue Cambon のショップ、または pacorabanne.com にて発売中です。

パコ ラバンヌ


FASHION 01:16
favorite

PRADA 2019SS ADVERTISING CAMPAIGN “Double Exposure”

プラダ 2019年春夏コレクションにフォーカスした、 映画の世界にインスパイアされたメンズおよびレディスのキャンペーンフィルムが同時に発表されました。 映画ポスターと同様、印刷用の広告画像がフィルムのシーンを映す窓となります。 ウィリー・ヴァンデルペールが監督を務め、ブノワ・デビエが撮影監督...
FASHION 12:07
favorite

M

MUVEILデザイナーの中山路子氏が、衣服の持つ「間接的影響力」にフィーチャー。 東京出身の洋服作家として、服のディテールを言語にし、服から派生する副産物の美、協調の美を新たな見せ方で価値化・商品化を試みる実験的プロジェクト。 「美しい所作を生む服」「ともに過ごす空間・相手・作品・時間をたて...
FASHION 05:18
favorite

ホームレス ニューヨークと寝た男

身長188cm、デザイナーズスーツを着こなす、ロマンスグレーのナイスミドル。実はホースレス!? 快活な話術でニューヨークの街ゆくモデルやファッショニスタたちに声をかけシャッターを切る、ファッション・フォトグラファーのマーク。元モデルのハンサムでチャーミングなルックス、スマートな身のこなしの彼...
FASHION 02:32
favorite

JIL SANDER SS19 CAMPAIGN “Ukiyo”

日本の風景や文化を横断するロードトリップ。 2019年春夏のキャンペーンビジュアルは、フォトグラファーのマリオ・ソレンティによってジル・サンダー のもつ誠実さ、本質、そして温かさの証として記録されています。 32種類のイメージとフィルムは日本の沿岸を旅するアンスリーとマイルズという二人の主人...
FASHION 00:38
favorite

JWA-TV

ロンドンを拠点に活動するラグジュアリーファッションブランドのジェイ ダブリュー アンダーソン (JW ANDERSON) は JWA-TV を公開しました。 遊び心の溢れるソーシャルメディキャンペーンは、アメリカのテレビショッピングプログラムから着想を得た内容です。 ...
FASHION 00:53
favorite

I SPEAK MY TRUTH IN #MYCALVINS

#MYCALVINSでわたしは真実を語る わたしたち一人ひとりが、今日という日を精いっぱい生きたなら? ありのままの自分をさらけ出すこと。思い切り自由に自分を表現すること。 何ものをも恐れず、何ものをも排除しないわたしたちを、世界中の人々に見てもらうこと。 半世紀にわたって「現状」に疑いの目...
FASHION 00:29
favorite

DIOR 2019 PRE – 2019 FALL MEN’S COLLECTION SHOW TOKYO – TIMELAPS

新たなる展望。 伝統を重んじながら絶えず未来に目を向ける、現代の日本のパラドックスは、21世紀におけるオートクチュール メゾンのアイデンティティと、創業以来、相互作用を果たしてきた伝統への畏敬と変革を映し出します。 日本は、ディオール メンズ アーティスティック ディレクター、キム・ジョーン...
BACK