af logo

Stuff Pick

The era we are living could be easily described as the “being hipster” one. Considering how Wes Anderson’s movies, indie music and vintage (sometimes non-sense) ingredients became emblematic for this generation, the explanation of the phenomenon is not so hard to reach: what used to be part of a niche culture peacefully invaded every environment insomuch as skinny jeans, lumberjacks shirts and huge beards are now pop elements similarly to long hair and Chelsea boots during the Beatlemania.
This is where the paper-thin boundary line breaks and trends and subcultures meet.
Ground’s Oranges reinterprets – in a intentionally lo-fi/homemade way – the Hipster universe magnifying its virtues and vices but also taking its styles and thematics to an extreme level, getting them close to something similar to a parody that, actually, is just pure and sincere celebration.

Director: Zavvo Nicolosi
DoP: Jacopo Saccà
#1AC: Corrado Lorenzo Vasquez
Song: “FOGAR” by Riccardo Nicolosi
Cast: Marco Riscica, Alessandra Tavella, Giulia Piccione, Ben Gnomino, Ricardo Morais, @THERABBITPROJECT
Produced by Ground’s Oranges
groundsoranges.it
Uncut song:
soundcloud.com/user-766554263/fogar/


SOUNDS GOOD 00:39
favorite

Dear Ms Crook~パメーラ・ジューン・クルック展~

ダリに次ぐ当館のメインコレクション、英国の現代芸術家 パメーラ・ジューン・クルック(1945年~)。彼女の作品は英国のプログレッシヴ・ロックバンド「キング・クリムゾン」のCDジャケットに数多く採用されています。新収蔵の動物シリーズ4点をはじめ、所蔵作品31点を一堂に公開。額縁まで描く独創的な...
SOUNDS GOOD 03:44
favorite

あはれ!名作くん 第42話「病は木から」

1度見たら忘れられないイラストでお馴染み!JUN OSON氏のキャラデザインによるショートアニメーション「あはれ!名作くん」。世界にある様々な名作(おとぎ話、昔話、映画、演劇、小説などなど…)。そんな名作物語の登場人物を、こよなく愛する生徒が集まった学校がある… 学校の名前は竜宮小学校。 主...
SOUNDS GOOD 01:00
favorite

ウィーアーリトルゾンビーズ

2017年、第33回サンダンス映画祭(ショートフィルム部門)にて、実際にあった事件を題材とした短編映画『そうして私たちはプールに金魚を、』が、日本映画初のグランプリを獲得した監督・長久允。 その圧倒的なオリジナリティと表現力から“ネオジャパニーズ”と称された長久允監督の長編デビュー作となる。...
SOUNDS GOOD 03:47
favorite

あはれ!名作くん 第51話「六年寝太郎」

1度見たら忘れられないイラストでお馴染み!JUN OSON氏のキャラデザインによるショートアニメーション「あはれ!名作くん」。世界にある様々な名作(おとぎ話、昔話、映画、演劇、小説などなど…)。そんな名作物語の登場人物を、こよなく愛する生徒が集まった学校がある… 学校の名前は竜宮小学校。 主...
SOUNDS GOOD 01:38
favorite

イエスタデイ

「これは、ビートルズへのラブレターだ」―ダニー・ボイル監督 突然のありえない設定から始まり、誰もが笑顔で映画館を後にできる本作は、『ノッティングヒルの恋人』や『ラブ・アクチュアリー』など、コミカルで心温まる多数の名作を生み出してきた製作会社ワーキング・タイトルの真骨頂。主人公の驚き、戸惑いや...
BACK