af logo

M.Y.O.B -cycle-

ブランドプロフィール
2009年NYで立ち上げられたブランド。
デコラティブでエッジの効いたテイストが注目を集め、2014年よりアパレルブランドとして展開したのち、2017年よりコレクションラインを開始。
NYで培った感覚を基に、MYOB“余計なお世話”という意味の名の通り、前衛的な強さを持ったストリートファッションを提案し続ける。
2020AW Collection からはdesigner comiによる新レーベル – cycle – としてリブランドし
生まれ変わる

シーズンテーマ
【cycle by MYOB 2020 FALL / WINTER COLLECTION】
今シーズンから体制を変え、デザイナーのCOMIがMYOBをリスタートさせる。
エッジの効いたストリートスタイルはそのままに、よりリアルクローズになったプロダクトには積極的にエコ素材を使用した。
ソネングラスとのコラボレーションによりソーラーパネルをユニークに取り入れた未来のストリートウエアを提案する。
環境問題が色々と語られる中、私達は何をすべきか分からないでいる。この問題について多くの人が、少しだけでもアクションを起こす事が今やるべき事なのではないか。
デザイナーのcomiはcycleというプロジェクトを通し、環境問題をカジュアルかつユニークに表現していく事で、何かのきっかけを生み出したいと考えた。

コレクションのご説明
コレクションのメインのジャケットには、再生ウールや再生コットンを使用
また古着のサーマルを解体し新しい服に作り変えたリサイクルItemを製作。
フェアトレードにより南アフリカで作られたソーラーパネルを服に装着。
このソーラーパネルは”SONNENGLASS”というソーラーランタンで、
服に装着し太陽の光で蓄電した後、ランタンに装着しお家で優しい光をお楽しみ頂けます。
20AW collectionでは自然光発電やフェアトレードの素晴らしさを発信したいと考えています。
また、Mexico 発のbrand “scent” とのcollaboration と 現在日本で活躍しているgraphic designer fredbread とのcollaboration を実現。

KAIKI

飯尾開毅によるkaikiは、2016 Spring/Summer Collectionよりブランドをスタート。 リラックス感と緊張感をミックスしたスタイルを提案しています。 東京のファッションウィークに先駆け、オフ・スケジュールでショー形式でのコレクション発表を予定していた今シーズン、 新型...

MEAGRATIA

superimpose 乾いた風が散りゆく色彩を包み込む。 枝垂れる蔦の裏側に潜む花の香りが斜陽に揺れ 柔らかな影を落とす。 幾重にも積み重なった落葉が描く遠い空の記憶。 裸になった道筋に刻まれた残像を重ね 繰り返す息吹に想いを馳せる。 meagratia /メアグラーティア HP http...

HUMIS

DO NOT REMOVE THIS LABEL HUMIS 2020 AUTUMN&WINTER COLLECTON ミルスペック それは米軍製品を作る上での厳格な軍仕様書を意味します。 軍は民間の提携会社に基本仕様書(ミルスペック)を渡し、製品を作成する仕組みとなっている。 ミ...

KIDILL

KIDILL 20AWコレクションでは、イギリスのグラフィックアーティストであるジェイミーリードと特別なコラボレーションを行っています。ジェイミー・リードのプライベートアート作品(1968年-2018年)からコラボレーションを行っています。シチュアシオニスト・パンクとして50年にも及ぶ芸術活...

TAAKK

what lies beneath 内側に潜むモノ 地球の環境問題が重視されている現在、そしてその本質を忘れがちになってしまっている今日この頃。本当の真実とは何か?かたや、本物の嘘とは何か?姿を晦ますリアルを追って我々の世界の裏側、個々の内側に潜むリアルにフォーカスし、追求したシーズンコン...

MALAMUTE

malamute(マラミュート)はインスタグラムのストーリーズにて先に公開した2020-2021年秋冬デジタルプレゼンテーションに続き、第ニ弾となるイメージムービーを配しました。 *映像はYouTube上でアーカイブとして今後もご覧頂けます。 https://youtu.be/QGqnan7...

MEANSWHILE

「身体に最も近い道具」をコンセプトに、機能が伴った道具としてファッションを提案する〈meanswhile(ミーンズワイル)〉が、20AWコレクション“ERROR”のショートムービーを公開。新型コロナウイルスの影響により、ブランド初のランウェイショー中止に伴い作成されたショートムービーは、スタ...

MAISON MIHARA YASUHIRO

クリエイションにパラドックスはつきものである。 僕の場合、ファッションを考えるとき、同時に、人間の本質とは何か? と問いかける。歪んだ日常のなかに生きている我々にとって、“普通”であることが正義であるかのような息苦しい時代。僕は葛藤している。“普通”であることは、ある意味、異常な姿ではないの...
BACK