af logo

hum 職人によるジュエリー制作ムービー

我々は日本において「working class movement」をスローガンに、ジュエリーの新しい価値、市場、文化を創造しています。具体的には、ビスポークやリモデルといったジュエリーだから可能な個人の希望に応えるサービスや、高度な技術を用いて制作される、一点しか作れない希少性の高い作品、また人が想いを込めて贈り身に纏うモノだから「人の手で心を込めて作ること」「誰が誰のために作ったのか」を大切にするために、アトリエにてできる限りを制作したいと考えています。
日本では、欧米とは全く異なった方法でジュエリーを制作します。一番の違いは、彫りと石留めにあります。欧米では、手で押して金属を削りますが、日本では、オタフクという金槌を用いて手前に引いて削ります。この違いは大きく、彫り模様に独自の輝きと力強さが生まれます。同じ方法で石も留めます。これまでに沢山の技法や技術が入ってきましたがこれは世界でも日本だけの独特な方法です。 
現代の先進国となった日本に生まれた私たち世代がデザインし作るジュエリーにオリエンタルな雰囲気が漂う理由は、そうした日本の歴史背景や独自の美意識、技術が今も宿っているからです。

ベアミネラル『ミネラリスト イドラ スムージング リップスティック』

ナチュラルなヘイリーもゴージャスなヘイリーをも虜にする! 鮮やかな発⾊とすべるように伸びるなめらかな塗り⼼地、さらにリップクリームのような保湿⼒など、⼥性たちがリップスティックに求める多彩な機能を、厳選されたクリーンなビーガン フォーミュラで叶えた、ベアミネラルの新しいリップスティックが登場...

カルティエと東洋への道

最初にオリエントに関心を抱いたのは、美術史に情熱を注ぐコレクターであったルイ・カルティエ。弟のジャックは、ペルシャ湾と稀少な真珠を探す真珠採りとの出会いを求め、旅に出ました。こうして、中東とその建築やシンボリズムへと通じる扉が開かれました。兄弟がイスラムのモチーフに一目惚れしたことが、抽象的...

パンテールと呼ばれた、ジャンヌ・トゥーサン

1930 年代から 70 年代にかけて「カルティエ」のクリエイティブ ディレクターを務めた女性、その名も ジャンヌ・トゥーサン。 彼女はパイオニア精神に満ち、カルティエの3代目当主であったルイ・カルティエとともに 20 世紀初頭 にメゾンの礎を築いた女性。そして彼女は誰よりも「カルティエ」の...

MON PARIS COUTURE THIS IS MY PARIS, FOLLOW ME

感情も感覚も超える、天地がひっくり返るほどの恋。 めまいがするほどのスピードで燃え上がっていく感覚に包みこまれる現代のパリの恋人たち。 パリという街がすべての一瞬を弾けるように輝かせその恋を加速する。 自由に、大胆に、自分が信じた恋を、思いのままに生きる二人は、 恋愛の絶頂の渦に巻き込まれな...

「モスキーノ・トイ・ボーイ オーデパルファム」

モスキーノのアイコニックなテディベアフレグランス「モスキーノ・トイ2 オーデパルファム」に続いてメンズフレグランスが登場。 「トイ・ボーイ オーデパルファム」はエレガンスにアイロニーを添えて再解釈した、モスキーノの新しく独特なフレグランスです。 ユニーク、ダイナミック、情熱的で熱意があるだけ...

ARSOA – SKIN CARE

透明感あふれる 素肌をイメージした空間に 水とともに浮かび上がる浅田真央さん。 それは 輝き続ける新しい女性像。 肌にいいものだけで肌を美しく。 自然のチカラで肌本来のチカラを引き出し みずから美しくなる肌へ。 素肌を上げる。わたしを上げる。 新、アルソア スキンケア誕生。 新、アルソア。 ...

Panthère de Cartier

CARTIER AND THE PANTHER: DESTINIES INTERTWINED カルティエとパンテール: 結ばれたふたつの運命 野性的で、どうしても惹きつけられてしまう、しなやかな魅力。 パンテールのデザインは、1914年に初めて登場して以来、カルティエのクリエイションのシンボ...

カルティエと英国のタッチ

今回の行き先はロンドン、ニューボンド・ストリート。メゾンの歴史的な拠点のひとつであり、カルティエのDNAと切り離すことのできない場所です。イギリス的なひねりはクリエイションに取り入れられ、英国流の洒落がドーヴァー海峡を渡りました。クラッシュウォッチにスウィンギングロンドン。英国のスピリット...
BACK