af logo

ジャパン アヴァンギャルドの父、山本寛斎。
ロンドンでは日本人として初めてファッションショーを、
ソ連崩壊直後のロシアでは世界で初めてモスクワ「赤の広場」
の使用許可を得てライブイベントを開催。
独自のクリエーションを武器に、
あらゆる場面で新たな道を切り開いてきた美の世界の開拓者である。
強烈な色彩にあふれ、日本の伝統美に革新的な解釈を加えた斬新なデザインは、
時代の先端をゆくアーティストをも虜にした。
なかでもその才能に惚れ込んだデヴッド ボウイとは、
衣装製作をきっかけに終生強い絆で結ばれることになる。
1970年代以降、パリ、ニューヨーク、東京と世界のコレクションに
参加してデザイナーとして活躍するが、
自分以外の誰にも真似できない表現方法はないかとつねに模索し続けた。
そうしてファッション、音楽、カルチャーのすべてを取り込んで確立したのが、
独自の総合芸術“スーパーショー”である。
晩年は日本元気プロジェクト「スーパーエネルギー!!」をライフワークに、
日本から世界に“元気”を発信。2019年にブランド創立50周年を迎え、
2020年新たなプロジェクトに取り掛かっていた最中の訃報であった。
自らの生き様をもってアヴァンギャルドを体現した“美の巨人”に、
心よりご冥福をお祈り申し上げます。