af logo

APOCRYPHA

APOCRYPHA.20-21 A/Wコレクションのシーズンテーマは、「THE LEADER」1930年代にLIFE誌等で活躍したフォトジャーナリストであるフレッド・アイゼンスタットからインスパイアされている。彼が1933年に国際連盟の会合の取材でヨーゼフゲッベルスを撮影した際の「憎しみの目」。アイゼンスタットが見た社会主義支配下の緊張感溢れる世界に想いを馳せたコレクション。アイテムとしてはミリタリー・ワーク・フォーマルの3構成でコレクションを作り上げている。当時の軍服に見られる威圧感すら感じるほどボリュームのあるシルエットが特徴的なロングコートや、しっかりと作り込まれながらも装飾の施されたミリタリージャケットで緊張感を表現。それに加え、ブランドが得意とする袖口や裾口に大きな比翼開きのついたダブルブレストのセットアップはグレンチェックで当時のトレンドを反映した。黒いフォーマルなウールツイルで仕立て、対照的に現代感のあるナイロンツイルで仕立てたベストをドッキングし、アイゼンスタットが見たであろうドイツの風景を表現している。

Show Director : Michio Hoshina
Stylist: Junya Chino
Hair&Make up : LOND GROUP
Music : Toru Matsumoto
Flower : IVRE
Casting:Sakas PR
PR : Sakas PR

HP
http://apocrypha-tokyo.com/about-apocrypha/

TAAKK

what lies beneath 内側に潜むモノ 地球の環境問題が重視されている現在、そしてその本質を忘れがちになってしまっている今日この頃。本当の真実とは何か?かたや、本物の嘘とは何か?姿を晦ますリアルを追って我々の世界の裏側、個々の内側に潜むリアルにフォーカスし、追求したシーズンコン...

MALAMUTE

malamute(マラミュート)はインスタグラムのストーリーズにて先に公開した2020-2021年秋冬デジタルプレゼンテーションに続き、第ニ弾となるイメージムービーを配しました。 *映像はYouTube上でアーカイブとして今後もご覧頂けます。 https://youtu.be/QGqnan7...

YOSHIO KUBO

「漆」は古くから日本に伝わる伝統技術だが、現代の生活から少しづつ離れているように感じる。 私はそんな「漆」という伝統的な技術からイメージを枝分かれさせて 失われつつある日本の大切な文化をインスピレーションにコレクションを作った。 STYLIST Bumpei Matsumoto PR OBC...

MAISON MIHARA YASUHIRO

クリエイションにパラドックスはつきものである。 僕の場合、ファッションを考えるとき、同時に、人間の本質とは何か? と問いかける。歪んだ日常のなかに生きている我々にとって、“普通”であることが正義であるかのような息苦しい時代。僕は葛藤している。“普通”であることは、ある意味、異常な姿ではないの...

KAIKI

飯尾開毅によるkaikiは、2016 Spring/Summer Collectionよりブランドをスタート。 リラックス感と緊張感をミックスしたスタイルを提案しています。 東京のファッションウィークに先駆け、オフ・スケジュールでショー形式でのコレクション発表を予定していた今シーズン、 新型...

MEANSWHILE

「身体に最も近い道具」をコンセプトに、機能が伴った道具としてファッションを提案する〈meanswhile(ミーンズワイル)〉が、20AWコレクション“ERROR”のショートムービーを公開。新型コロナウイルスの影響により、ブランド初のランウェイショー中止に伴い作成されたショートムービーは、スタ...
BACK