af logo

8 モンクレール パーム・エンジェルス

フランチェスコ・ラガッツィは、自身の持ち味であるコミュニケーションスキルを応用し、コンテンポラリーでクリエイティビティに富んだ、モンクレール ジーニアスのミュージアムにあるギフトショップをコンセプトとしたコレクションを提案しています。 このアプローチは、“Make It Rain”や“I’m So High”といったアイキャッチーでウイルス的な要素を持ったスローガンを用いると同時に、自身がデザインしたモンクレール ジーニアスのオリジナルロゴも効果的に多用し、マーチャンダイジングに欠かせないラインナップに仕上がっています。
全体のスピリットは、ブライトレッドとブラック、ポイントでホワイトを使用し、アセテートやナイロンといった光沢のあるマテリアルで大胆かつグラフィカルに表現しています。ダウンベストやボディウォーマー、トラックスーツ、ジップアップパーカー、トップス、フーディー、Tシャツを始めとしたアイテムは、機能的なシェイプに、絶妙なアクセントが加わります。これらは、日々進化を遂げる都市型のライフスタイルに順応するモジュール的アイテムとして一つのスタイルとなります。 多様性に富んだポップなグランジとロックスタイルを掛け合わせたフォームは、まるでカメレオンかのようにスニーカーサンダルにニットソックスやジムソックスを合わせるといった、様々なシチュエーションに適応します。カジュアルで挑戦的な要素を持ち合わせ、多様な影響を取り込んだリミックスがセンセーショナルな万華鏡を創り出します。
フランチェスコ・ラガッツィ プロフィール : アートディレクター、そしてニューヨークのスクール・オブ・ビジュアル・アーツで修士を得たフォトグラファーでもある、ミラノ生まれのフランチェスコ・ラガッツィは、2011 年に LA のスケーターカルチャーを反映させたフォトグラフィックドキュメンテーションとしてパーム・エンジェルスをスタートしました。2014 年にアート出版社リッゾーリから書籍が発行され、2015 年に洋服のコレクションを発表。長年サブカルチャーを見続けてきた彼の独自の視点がコレクションにも応用されています。 主要素の本質を保ちながらも新しい定義を加え一変させ、独自のストーリーを作り上げることがラガッツィの狙いです。 “様々なキュレーションのもと成り立つモンクレール ジーニアスは、コンテンポラリーかつクリエイティビティに富んだミュージアムのような存在です。そのメッセージのウイルス的伝搬の為、ギフトショップというコンセプトが必要でした。私はそれを実現するためにここにいるのです。”と、フランチェスコ・ラガッツィは語ります。

発売開始: 10月5日(金)から世界同時発売
発売店舗: ハウス オブ ジーニアス 東京
住所: 港区南青山5-2-12 R2-A
グランドオープン: 10月5 日(金)~12月30日(日) まで営業
営業時間: 11時~20時
モンクレール ジーニアス 公式サイト: www.monclergenisu.com


FASHION 01:39
favorite

LOEWE × David Wojnarowicz  ロエベ、VISUAL AIDSの支援を目的とした限定版アートTシャツをリリース

ロエベは、アイコニックなアメリカ人芸術家/作家/映画制作者/活動家であるデイヴィッド・ヴォイナロビッチ氏(1954-1992)の作品をフィーチャーした限定版Tシャツをリリース。 これらのTシャツの収益は Visual AIDS(以下「ビジュアル・エイズ」)に全額寄付されます。 #LOEWEv...
BACK