af logo

7 モンクレール フラグメント
ヒロシ・フジワラ ショートフィルムを公開

「7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ」のコレクションは、それ自体がカルチュラルなイベントです。モダンカルチャーを体現する存在であり音楽に深く根ざしたクリエーターとして知られる藤原ヒロシが手掛ける「7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ」の新作が、10月 3日(木)に世界同時に発売いたします。

モンクレールは、このローンチを記念し、高い評価を得る日本のクリエイティブチームによるショートフィルムをリリースします。アジアのみならずワールドワイドで活躍する俳優、そして歌手の山下智久氏を迎え、伊東玄己氏が監督を務めました。

このショートフィルムは現代における“心のジャーニー”がテーマです。便利なコミュニケーション手段でありながらもデジタルゆえの障壁を作り、人々のインタラクションを阻むソーシャルメディアがもたらした矛盾の中で主人公は彼の心を旅します。
前意識、無意識と深層心理に入った結果、心を開き、本来の姿を解き放つことでクライマックスに到達します。

伊東玄己監督は、自己表現の手段の一つであるファッションやスタイルを通して、人々が自らのハートやマインドに誠実になれることを伝えたいと語っています。

https://www.7-moncler-fragment.jp/


FASHION 00:31
favorite

TOOT S/S 2020 Gingham Check Boxer

ギンガムチェック柄と鮮やかなカラーバリエーションで選ぶのが楽しくなるボクサーパンツ。なめらかで優しい肌触りのナイロン生地を使用。プリントされたチェック柄は織り目まで細かく表現され、リアルを追求した意欲作。
FASHION 01:33
favorite

INSIDE CHANEL 第二十七章 シャネルと芸術

2020年、新たに展開するINSIDE CHANELは、ガブリエル シャネルとアートの世界の特別な関係を深く掘り下げます。文化の革新を外から見つめ、同時にその一翼を担った一人の女性 -大胆に選択し、比類なき才能に導かれ、先進的なマインドを持っていたガブリエル シャネル- の姿を描き出します。...
FASHION 01:00
favorite

#BaguetteFriendsForever

イタリア・ローマを代表するラグジュアリーブランド フェンディが、「友情」を描いた3話構成のショートムービー「#BaguetteFriendsForever」を公開中!活気あふれる上海を舞台に撮影された第1話「The Baguette is Back」、日本人モデルの森星が主役として登場した香...
FASHION 02:18
favorite

Prada Re-Nylon – Episode 1 – What We Carry

プラダは、環境に関する理念に基づき、再生ナイロンECONYL®を用いたサステナブルなバッグのシリーズを発売するとともに、未来のナイロン製造を持続可能なものにするための取り組みを発表します。 同シリーズの売り上げの一部は、環境の持続可能性に関連するプロジェクトに寄付されます。 Re-Nylon...
FASHION 01:00
favorite

DIESEL 2020年春夏「FOR SUCCESSFUL LIVING」キャンペーンを公開

ブランドのスローガンである「FOR SUCCESSFUL LIVING」をタイトルに掲げた2020年春夏キャンペーンは、フランソワ・ロスレーによるフィルム。フィルムの主役は撮影現場のスーパーヒーロームービーの1人の俳優。大変な1日を過ごし、うまく演じられません。何とかしようと彼は自分のトレー...
FASHION 05:18
favorite

ホームレス ニューヨークと寝た男

身長188cm、デザイナーズスーツを着こなす、ロマンスグレーのナイスミドル。実はホースレス!? 快活な話術でニューヨークの街ゆくモデルやファッショニスタたちに声をかけシャッターを切る、ファッション・フォトグラファーのマーク。元モデルのハンサムでチャーミングなルックス、スマートな身のこなしの彼...
FASHION 01:01
favorite

GIVENCHY UNVEILS EXCLUSIVE VIDEO OF THE SPRING SUMMER 2019 HAUTE COUTURE COLLECTION “BLEACHED CANVAS”

ジバンシィは、2019年春夏オートクチュールコレクションで、「Bleached Canvas」と題したクレア・ワイト・ケラーによる夢のような圧巻のコレクションを発表しました。 新しいスタートを反映して、アーティスティック・ディレクター、クレア・ワイト・ケラーは、自分の作品とランウェイにおいて...
BACK