af logo

7 モンクレール フラグメント
ヒロシ・フジワラ ショートフィルムを公開

「7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ」のコレクションは、それ自体がカルチュラルなイベントです。モダンカルチャーを体現する存在であり音楽に深く根ざしたクリエーターとして知られる藤原ヒロシが手掛ける「7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ」の新作が、10月 3日(木)に世界同時に発売いたします。

モンクレールは、このローンチを記念し、高い評価を得る日本のクリエイティブチームによるショートフィルムをリリースします。アジアのみならずワールドワイドで活躍する俳優、そして歌手の山下智久氏を迎え、伊東玄己氏が監督を務めました。

このショートフィルムは現代における“心のジャーニー”がテーマです。便利なコミュニケーション手段でありながらもデジタルゆえの障壁を作り、人々のインタラクションを阻むソーシャルメディアがもたらした矛盾の中で主人公は彼の心を旅します。
前意識、無意識と深層心理に入った結果、心を開き、本来の姿を解き放つことでクライマックスに到達します。

伊東玄己監督は、自己表現の手段の一つであるファッションやスタイルを通して、人々が自らのハートやマインドに誠実になれることを伝えたいと語っています。

https://www.7-moncler-fragment.jp/

FASHION 01:00
favorite

Christian Louboutin – フェスティルビ

2019年秋冬コレクションの中で特に目を引く「FESTILOUBI (フェスティルビ)」 は喜び、オプティミズム、そして無限の創造性を祝福するコレクションです。 幼少期の無邪気な日々を思い起こしてみると、FESTILOUBIのアイテムに見られ る色や素材が、子どものバイタリティを連想させる...
FASHION 00:15
favorite

I SPEAK MY TRUTH IN #MYCALVINS

#MYCALVINSでわたしは真実を語る わたしたち一人ひとりが、今日という日を精いっぱい生きたなら? ありのままの自分をさらけ出すこと。思い切り自由に自分を表現すること。 何ものをも恐れず、何ものをも排除しないわたしたちを、世界中の人々に見てもらうこと。 半世紀にわたって「現状」に疑いの目...
FASHION 11:37
favorite

JW アンダーソン 2021年春夏メンズコレクション & ウィメンズリゾートコレクション

例年ではランウェイ形式で発表するコレクションですが、現在の社会情勢を考慮し、本コレクションはこれまでにない新たな試みとして、デジタル形式で発表されました。フィジカルなショーが開催できない中、クリエイティブディレクターのジョナサン・アンダーソンがビデオ内でコレクションの説明をする形で公開した、...
FASHION 00:16
favorite

6 Moncler Noir Kei Ninomiya

二宮 啓は自身の持ち味である、精巧なデザインと実験的なアプローチによってこのコレクションを創りあげました。 二宮氏は、ダウンの持つ技術的な側面と芸術的な側面の限界を打ち破り、ウェアラブルに仕立て上げるという新たな概念を打ち出しました。 ナイロンとレザーを巧妙に使い分け小さなモジュールを掛け合...
FASHION 00:15
favorite

3 モンクレール グルノーブル 10月31日(木)発売開始

Sandro Mandrino (サンドロ・マンドリーノ)は、エッジが効いた想像力を持ちながら、機能性を重視するデザイナーです。実用性の制限によるデザインの限界を感じさせない発想こそが彼の持ち味です。ウッドストックが50周年を迎えた今、スノーギアがフェスティバルやマウンテンカウボーイにも適し...
FASHION 00:38
favorite

ステラ マッカートニー、2020年サマー広告キャンペーン第2弾を発表 05

ステラ マッカートニーが、2020年サマーキャンペーン第2弾を発表した。2020年1月にスタートしたキャンペーン第1弾に続き、第2弾では、2020年サマーコレクションのクリエイションプロセスや使用される植物由来のファブリックにスポットライトを当て、ブランドが長きにわたり提携している生産工場の...
FASHION 01:16
favorite

PRADA 2019SS ADVERTISING CAMPAIGN “Double Exposure”

プラダ 2019年春夏コレクションにフォーカスした、 映画の世界にインスパイアされたメンズおよびレディスのキャンペーンフィルムが同時に発表されました。 映画ポスターと同様、印刷用の広告画像がフィルムのシーンを映す窓となります。 ウィリー・ヴァンデルペールが監督を務め、ブノワ・デビエが撮影監督...
BACK