af logo

3 Moncler Grenoble

サンドロ・マンドリーノは、優雅なテイストを持ち合わせながら、積極的に変化を取り入れています。
プレイフルな雰囲気と繊細さを掛け合わせるといった、大胆な“ミックスアンドマッチ”を取り入れつつも、モンクレールが長年培ってきたテクニカルなエッセンスを採用し、新しいクリエーションを生み出します。
マンドリーノは、パターンやプリント、ファブリックといった一見マウンテンギアから想像し難いエレメントを操作し、 テクニカルな側面と融合することで、喜びに満ちたエレガンスを提案しています。
その結果、メンズ・ウィメンズのチアフルなコレクションを展開し、3 モンクレール グルノーブルにしかない独自の パターンやカラー、テクスチャーの組み合わせを提案しています。

コレクション全体を通して、カラフルなペイズリーやベルベットを用い、ジオメトリックプリントに始まり、大胆なフラワーやストライプのミックスといった60’sを彷彿させる要素が盛り込まれ、楽観的で明るいムードに包まれています。 ジャケットやクロップドジャケットに見られるスカンジナビアモチーフの装飾を始め、トラックスーツには花々が群生し、アストラカンジャケットはカラフルなバリエーションで登場します。タータンピーコートには、シアリングの襟やトリムがデザインされています。 これらのディテールは、テーマやバリエーションともいえ、カラーパレットはソリッドブラックからプリントまで広範囲に及び、遊び心溢れる表現方法で展開され、ツートンカラーのハイキングブーツを合わせることによって、コレクションを印象付けます。

サンドロ・マンドリーノ プロフィール
サンドロ・マンドリーノはラグジュアリーブランドのハイエンドスポーツウェアに特化したイタリア人デザイナーです。彼が生み出すモンクレール グルノーブルコレクションのDNAは稀代です。2010年にニューヨークで初コレクションをローンチしてから7年間に渡り、グルノーブルコレクションのヘッドデザイナーとして指揮を執ってきました。 マンドリーノは稀な素材や新しいテクニカルな技術を織り交ぜ、他とは異なるアプローチから今までにないクリエーションやイノベーションを生み出し、実験的なテクノロジーを確かなクオリティーに落とし込み、飛躍させています。 “機能性はモンクレールの根源的な強みです。私は、モンクレールとの取り組みを新たなチャレンジとして受け入れました。モンクレール ジーニアスは、どのように解釈し身に纏うかという無限の選択肢を提案することがテーマです。そしてこれが、消費者を第一に考えるということなのです。”と、サンドロ・マンドリーノは語ります。

発売開始: 11月1日(木)から世界同時発売
発売店舗: ハウス オブ ジーニアス 東京と一部のモンクレールブティックを含む主要セレクトショップ


FASHION 02:39
favorite

Fall Winter 2018 – A film by Steven Meisel

ナターシャ・ラムゼイ・レヴィ率いるクロエとのアーティスティックなコラボレーションが2作目となる 著名フォトグラファー、スティーヴン・マイゼルによる FALL – WINTER 2018キャンペーン動画が登場。 イースト・リバーの岸にある、工業桟橋。現実味溢れる情景の中、マイゼルの循環する...
FASHION 00:19
favorite

セルジオ ロッシ 2018年秋冬「sr MILANO」パンプス

2018年秋冬にデビューとなるセルジオ ロッシの新コレクション「sr MILANO」は、ミラノの街と、洗練され繊細でありながらも存在感溢れるミラノの女性の魅力に敬意を表しています。 イタリアのサン・マウロ・パスコリにある自社ファクトリーで撮影されたムービーシリーズに、「sr MILANO」...
SOUNDS GOOD 22:36
favorite

Performance by KELSEY LU at Jil Sander flagship store in Omotesando

9月8日(土)にオープンしたジルサンダー ブティック 表参道店では、10月11日(土)にジル・サンダーの クリエイティブ・ディレクター、ルーシー&ルーク・メイヤーの来日に際し、カクテルパーティを開催いたしました。プレス関係者、トップスタイリスト、インフルエンサー、フォトグラファー、アーティス...
FASHION 00:29
favorite

DIOR 2019 PRE – 2019 FALL MEN’S COLLECTION SHOW TOKYO – TIMELAPS

新たなる展望。 伝統を重んじながら絶えず未来に目を向ける、現代の日本のパラドックスは、21世紀におけるオートクチュール メゾンのアイデンティティと、創業以来、相互作用を果たしてきた伝統への畏敬と変革を映し出します。 日本は、ディオール メンズ アーティスティック ディレクター、キム・ジョーン...
BACK